スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 マリメッコ × H&M

190408

スウェーデンの服飾ブランドH&Mがフィンランドのマリメッコmarimekkoと協賛して
2008年春・夏ラインに何点かの作品を登場させたという噂を聞いて
覘くだけ覘いてみるかーなんて軽い気持ちで出かけたのが運のつき、
目の覚めるような鮮やかさの中にどこか懐かしい感じがする
そのマリメッコワールドに心は一気に打ちのめされて、
気がつけばふんふんふ~ん♪と鼻歌まじりで選んでいる自分を発見。
その上、なんと憎いことにベビーラインまで揃えてあって
いわゆる「ママと赤ちゃんお揃いを着てバカンスへ」みたいなことに!
もー、イチコロ(死語)です・・・




blogranking ←一日1ポチ、どうもありがとうデス*
[メモ]モンシロ系
CM(3)     TB(0)

 ロシアからの友達

250308

もうすぐ生後7ヶ月をむかえるモンシロ、
少し前まで油断するとコロンとひっくり返っていたお座りも
最近は安定してきて、ますます一人遊びの時間が増えました。
(家事が進むのでわたしにとっては有難い限りデス)

そんなモンシロのいちばんのお友達、
マトリョーシカ(↑)のマトさん。
出産のお祝いにロシア人の奥さんのいる友人から頂いたもので、
通常の入れ子になってるものとは違って
この子は丸くなっている底の部分に錘が入っていて
触るとコロン・コロンというなんともノスタルジックな音を鳴らしながら
ユラユラとかわいらしく揺れてくれるのでした。
大きさもモンシロが両手で持って丁度いい具合で。
(なぜかきのこを手に持っているところがわたし的にヒットです。)

家事の合間にモンシロの様子をそーっと覗いてみると、
頭を勢いよくガジガジとかぶりつかれているマトさんの
ちょっと困ったような苦笑いがちらちらと見えて笑えます。





blogranking ←一日1ポチ、どうもありがとうデス*
[メモ]モンシロ系
CM(3)     TB(0)

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

 ミニチュア

080308

靴屋で偶然見かけた(↑)のあまりの可愛さに
どうしても買わずにいられなかったという相方。
サイズはなんと12センチ!!
本物というよりも、飾り物として棚に飾ってありそうな感じです。
思わず即買いせずにはいられなかった気持ちに納得。

モンシロはやっとお座りができるようになったばかりで
歩けるようになるのなんてまだまだ先のことだけれども、
これを履くような日が来るのが今から楽しみ。





blogranking ←一日1ポチ、どうもありがとうデス*
[メモ]モンシロ系
CM(3)     TB(0)

 はらぺこ

150208

『はらぺこあおむし』という絵本がありまして。
乳幼児を持つオカアサン方の間ではかなり評判の絵本のようですが、
それをわたしも喜び勇んで購入したわけです、はい。
なんてったって色使いが絶妙なんです。
中にあるささやかな仕掛けにも心躍ります。
そう、どちらかというと大人が楽しむ系の絵本なんです。
マニアックと呼んでも遜色なさそうな感じで。

その『はらぺこあおむし』をまだ早すぎるのは承知の上で
モンシロに読み聞かせてみることにしました。
最初はじっと絵本を見ているように見えたモンシロでしたが、
そのうち今大ブームの「何でも触ってみたいのよ」心がムクムク沸いたのか
両手をこれでもかってくらいに力いっぱい伸ばしてきましたので、
その勢いに押されてついつい求められるがままに
絵本をモンシロの手に渡してしまったのです。
それが失敗の原因でした・・・
奴、食べやがりました
正確には、受け取った瞬間に口に入れてヨダレでドロドロにしやがりました。
せっかくのオサレ絵本の端っこがヘナヘナにー!
そんなわけで、読み聞かせはお預け。

本題に入りますが(って、今までのは長い前置きなのでした)、
絵本選びって楽しいですね。
大人のわたしが読んでいてワクワクする話や、
印象的でキレイな色の挿絵や、
小さい頃に読み親しんだ懐かしい作品や・・・
なんだか自分のために買い揃えたくなってきましたヨ。

harapekoaomushi






はらぺこあおむし / エリック・カール(著)、もりひさし(訳)




blogranking
[メモ]モンシロ系
CM(4)     TB(0)

テーマ:絵本 - ジャンル:育児

 オトウサンのたっての希望で。

モンシロが生まれる少し前のはなし、
赤ちゃん用品を揃えていくっていう作業は一見楽しいようでいて、
実のところは結構面倒くさいもので。
育児雑誌やネットで何が必要かを調べてみるものの、
情報が多すぎたり違ってたりして本当のところが分からない。
子供のいる友人に尋ねてみると、みんな口を揃えて
「とりあえずオムツと服があれば後は何とでもなる」
なんていうガテン系な頼もしいお答え。
実際に店を見に行ってみると、品物の多さと店内の明るさに
めまいがするだけでもう余計に何が何だか分からなくなる始末…
それでもやっとのことで出産前に「必要だと思われるもの」を
揃えてみたのでしたとさ。

なかでも選ぶのにいちばん時間がかかったのがバギー。
日本では赤ちゃんの月齢によってA型やB型ってな具合で分かれている
ようだけれども、この国では0~3ヶ月くらいの首の据わっていない頃は
ベッドのように水平状態のままで移動ができるプラムと呼ばれるものを、
それ以降はバギーと呼ばれるいわゆるベビーカーを、というように
使い分けるのが一般的みたい。

「男性が押していても変じゃないもの」との相方のたっての願いで
色々見てみた中からオランダQUINNY社製のBUZZ(↓)に決まり。
写真じゃ分かりにくいけど、実物はバギーというよりロボットという感じ。
今にもジャキーンなんて金属音をたてて変身しそうに重厚デス;
でもさすがにオランダ、デザインと機能性にかけては天下一品。


quinny

    QUINNY BUZZ 2007



ただ、このBUZZは生後6ヶ月からのみ使用可能となるので
最初は別売りのプラムも買う予定だったのだけれども、
同じくオランダはMaxi-cosi社製CabrioFixという
0ヶ月から使用可能なカーシートが装着可能だということで、
倹約家の主婦としてはこれを選ばない手はない。
ポップな色合いに引かれてモンシロが女の子なのにもかかわらず
(↓)の空色に決めたのでした。

maxicosi
   Maxi-cosi CabrioFix

[メモ]モンシロ系
CM(0)     TB(0)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

back | HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。