スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 秋ですから

demien-hirst

牛の親子を真っ二つにしてホルマリン漬けにした作品で
一大センセーションを巻き起こしたダミアン・ハーストを始めとして、
歴代のターナー賞受賞作品を展示したエキシビジョン
Turner Prize: A Retrospective 1984-2006
TATE Britainで開催されることになりました。

イギリスの現代アートの今と昔を一気に味わうことができる
絶好の機会を逃したくないなーと思いつつ、
生後まもない乳児付きでは難しいものがあるかも…と
狭間でゆらゆら揺れる秋の日々。


2007年10月2日~2008年1月6日まで
TATE Britain
add: Millbank SW1
tel: 020 7887 8888
[メモ]アート
CM(0)     TB(0)

テーマ:ART - ジャンル:学問・文化・芸術

 ウサギ三昧。

cozyndan

狙っているわけではないんだけれども、
うちの家にはウサギに関するものが結構あったりするのです。
ま、本物のウサギ(野生児)モイマスシネ。

中でもコレ(↑)は、ある日ソーホーにあるplayloungeという
おもちゃ屋で発見、一目ぼれして即買いとなったアートワークなのでした。
kozyさんという日本人女性とdanさんというカナダ人男性のユニット
kozyndanの作品で、このほかにもウサギをモチーフにしたものが何点かあって、
この作品のように広重なんかの絵画に絡めているものだけではなくて
どれもがどこかノスタルジックな雰囲気をかもし出しているのでした。


playlounge
add: 19 Beak Street, London W1F 9RP
tel: +44 (0)20 7287 7073
[メモ]アート
CM(0)     TB(0)

テーマ: - ジャンル:

back | HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。