スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 其の五:モンシロ誕生

290108

モンシロ出産のときの記録です。
お時間のゆるす方はどうぞお付き合い下さいまし。
出産までのお話は左メニューの「プレおかん道」からかココをポチで。

  其の一 それは破水から始まった
  其の二 決断の早さには自信があります
  其の三 無痛分娩って本当に無痛なの?
  其の四 いよいよ出産、のはずが・・・

子宮内に十分な酸素がない状態なので急いで胎児を取り出すと言って
金属の大きいトングのようなものを取り出したおばさん医師、
何度か試そうとしていたけどどうやらうまくいかなかったようで
次に白っぽい樹脂でできた吸引カップを出してきた。
「胎児を早く取り出さなければ」の一言を聞いた後
この頃には緊急の帝王切開になる覚悟を決めていたわたしは
吸引カップを出した医師に正直少し苛立ちを感じたのだった。

「陣痛の波に合わせていきんでね」と言われ
分娩監視装置をチェックしていた助産婦さんが
頃合を計ってくれるのに合わせて総身の力を入れる。
それを何度か繰り返したところで、
「あと一回で頭が出るからね」との言葉が部屋に響く。
さっきまで赤ちゃんさえ無事なら帝王切開でも何でもいいと思っていたくせに、
その言葉一つで俄然頑張る気満点になる単純なわたし。

こうして8月29日午後7時43分、
なかば無理やり引きずりだされる形でモンシロはこの世に誕生した。
多分無事に産まれたことで頭が真っ白になっていたのだろうわたしは
直後のことをいまだに良く思い出せないのだけれども、
付き添っていた相方によると取り上げた医師の腕の中にいた
モンシロは真っ白で、その上産まれてすぐに産声をあげなかったそうで、
縁起が悪いのだけれども駄目だったんじゃないかと思ったそうで。
へその緒を切られた直後に上げたウギャー!という声を聞いて
すっかり引いてしまっていた血の気が戻ったと聞かされたのは
ずい分後になってのことだった。
それと同時に、破水から始まる分娩は時間が経てば経つほど
母子共に様々な感染症を引き起こす可能性があるということを深く考えずに、
自然に起こるであろう陣痛を長時間待ったことが
まだお腹の中にいたモンシロに大きな負担を掛けてしまったのだろうと、
今となって振り返ってみて後悔している。

ともかく、出産の後胸の上に乗せられた
モンシロの世界でいちばん愛しいその重さと暖かさを、
わたしはこの先一生忘れることはないだろう。
こうして8月29日午後7時43分、
モンシロ誕生と同時にわたしは「オカン」になったのだった。




blogranking
スポンサーサイト
[雑記]出産記
CM(2)     TB(0)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

comments
こんばんは!
感動しました!
大変なお産だったんですね。
私は生む直前くらいが真っ白になってます。
疲労のあまり寝てたんでしょうか。。。^^;
本当に無事に出会えて良かったです!

近頃モンシロちゃんの可愛いお顔が登場してて嬉しいです。
うちもあやすといつまでもゲラゲラ笑ってて心配になることがあるくらいです。
寝返りは出来そうで出来ません~
2008/02/01 17:23 | | edit posted by にーな
■にーなサマ
以前ににーなさんの出産記を読ませて頂いて感動しました!
「頭真っ白」、まさにこの表現が正しいです。燃え尽きたって感じで。えへ。
わたしは出産後の睡魔に耐えるのが実はいちばん大変でした;

娘ちゃんも寝返りもうすぐですね~
うちはやる気なさそうで、見ていて笑えます。
2008/02/03 13:32 | | edit posted by アゲハ
comment posting














 

trackback URL
http://londonageha.blog45.fc2.com/tb.php/59-8068141c
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。