スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 そして、その日はやってきた

091207

モンシロ誕生までのお話を何回かに分けて少しずつ記していくつもりです。
お時間のゆるす方はどうぞお付き合い下さいまし。

  1話 史上最強のクリスマスプレゼント
  2話 「自称」ニンプ誕生
  3話 ひたすら眠い日々
  4話 こんにちは赤ちゃん
  5話 ニンプ二人、巴里を行く
  6話 大阪里帰り
  7話 男の子?女の子?
  8話 ふたりの赤ちゃんだから
  9話 バースプラン


二度目のウルトラサウンドの時に8月27日と修正された
出産予定日に合わせて、大阪から母親が手伝いに来てくれた。
相方も予定日を挟んで2週間の育児休暇を取った。
さあこれで準備は万端!・・・なんだけれども、
ドキドキしながら迎えた予定日には全く何も起こらなかった。
ま、初産って遅れる場合が多いっていうしね、
なんて母親と話しながら内心かなり緊張している自分を発見。

それまでは妊娠という自分の体の中で起こっている
摩訶不思議な現象に対しての興味でいっぱいで、
出産という大作業についての心構えが全くできていなかったのだった。
それが出産日が近づくにつれだんだんと現実味をおびてきて、
大丈夫なんだろうか?自分にこなせるだろうか?なんていう
怯えの気持ちがふつふつと沸いてきていた。
特に先に出産を終えていた友人Kのその体験談を聞いた後は
怯えというよりも恐怖と呼ぶほうが当たっているような、
そんな「今さら何を」という情けない感情にかわっていたのだった。
その逆、臨月の大きくて重いおなかとサヨナラできるかと思えば
待ち切れないという気持ちもあった。
この時にはまだ出産後には実際に赤ちゃんをこの手に抱ける
ということに対しての実感も沸いていなかった。

そうして迎えた翌28日の早朝、
寝返りを打った瞬間に足の間に生暖かいものが流れた。
ああ、これが噂の破水っていうやつだわ・・・
なんて寝ぼけた頭の中で思いながら体を起こしてトイレに行く。
『こんな場合はすぐ病院へ』と本に書いてあるように
大量に流れ出しているわけではなさそうだったので、
朝起きてから病院に電話して指示を仰いでみることにして
またベッドに戻ったのだった。


以降、「出産記」に続く・・・



blogranking
スポンサーサイト
[雑記]プレおかん道
CM(2)     TB(0)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

comments
こんばんはー
100日のお食い初め、おめでとうございます!
意外でしたが、日本的な食材で心がこもっていて素敵です!
私も自分で作れば良かったのですが、いかんせん料理が得意ではなくて・・・^^;

読んでて出産の時を思い出してしまいました。
あのお腹の重量感、激しい胎動、今では忘れてしまって、どんなだったかなって懐かしくなりますね。
アゲハさんも破水から始まったんですね!
続きも楽しみにしてます。
2007/12/09 16:39 | | edit posted by にーな
■にーなサン
ありがとーございます!
にーなさん家の娘ちゃんに続き、モンシロもやっと生誕100日を迎えましたー。
やー、長かったような短かったような、よく分からない感じです。
でもこの三ヶ月が「怒涛の日々」だったことだけは間違いナシです。ふふふ。

子育てに追われていると、妊娠中や出産時の色々な出来事を
うっかり忘れてしまいそうになりますよね。
自分が忘れないためにも今回こんな風に記事にしてみようと思い立ちました。
2007/12/10 14:14 | | edit posted by アゲハ
comment posting














 

trackback URL
http://londonageha.blog45.fc2.com/tb.php/37-2e7ce5ac
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。