スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 大阪里帰り

261107

モンシロ誕生までのお話を何回かに分けて少しずつ記していくつもりです。
お時間のゆるす方はどうぞお付き合い下さいまし。

  1話 史上最強のクリスマスプレゼント
  2話 「自称」ニンプ誕生
  3話 ひたすら眠い日々
  4話 こんにちは赤ちゃん
  5話 ニンプ二人、巴里を行く


前から予定していた大阪への里帰りは
すっかり出産準備品の仕入れの旅と相成ったのだった。

それでも丁度季節は桜の咲く頃、右を見ても左を見ても
ピンクや白のあの可憐な花が咲き乱れていて自然と心が躍る。
大阪を離れて以来お花見に縁のなかったわたし、
ここは一丁便乗するべし!と
母親と相方を連れまわして遠くは京都方面まで遠征。
花も団子も存分に満喫したのデシタ。

そして、我がソウル・フラワー・ユニオン
偶然にも私達の滞在中に大阪でライヴをするということで、
ちゃっかりと観に行くことにしたのだった。
彼らのライヴは実に十年ぶりだったのだけれども、
足しげく通ったあの頃と少しも変わらない力強さで安心した。
家で普段から大音量で聞かされていた相方も、
初めて触れる生の彼らの曲を「なんちゃって日本語」で
口真似してみたりしているのが面白かった。

これまで相方はわたしと一緒に何度か来日したことが
あったのだけれども、温泉や銭湯への誘いを頑なに拒否していた。
なんでもイタリアには人前で裸になるという場面が全くないようで、
要するに恥ずかしいのだそうな。
それがどういうことか今回は行ってみたいと言うじゃないですかい。
心境の変化の理由を尋ねたら、
どうやら日本の温泉についてのテレビのドキュメンタリーを
見たらしく、自分も試してみる気になったのだそうな。
幸運なことに実家からそう遠くないところに温泉があって、
実際に連れて行ったその後はたいそう気に入ったらしく
毎晩のように通うことになったのだった。
ビバ温泉!

地元の友人たちも変わらない暖かさで迎えてくれた。
そして、わたしの好物をたくさん作ってくれた母親にも感謝。
普段は遠く離れて暮らしているだけに、
飾らないその優しさが余計に心に染みる。
いつまでも大切にしていきたい、わたしの宝物。

こうして、3週間の里帰りはあっという間に終わったのだった。
スポンサーサイト
[雑記]プレおかん道
CM(0)     TB(0)

テーマ: - ジャンル:育児

comments
comment posting














 

trackback URL
http://londonageha.blog45.fc2.com/tb.php/28-c3a3ae55
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。