スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 究極の選択?

020908

連日35℃の大阪からの里帰りを終えて
ヒースロー空港に降り立ったとき、
木枯らしがぴゅるる~と吹いていて
まるでマンガのように鼻水がタラーンとたれたのは
今からさかのぼること2週間前の話で。

その後、「今年の夏はずっと曇ってて肌寒かった」
なんて会う人会う人が渋い顔で話すのを聞いて、
大阪のあの暑さを経験しなかっただけ逆にラッキーなのでは?
なんていうことは口が裂けても言えなかったわけで。

そんな昨日、
「今年の8月は日照時間が観測史上最低だった」との
イギリス政府からの公式発表があったようで、
一斉にニュースで流れていたのでした。
なんでも一月の日照時間が105.5時間だったそうで
単純計算して4日と少しということになって、
まぁ夜の時間を差し引いてだいたい6日くらい
晴れの日があったってことになるんでしょーか。
つまり、25日間は曇ってたか雨が降ってたことになり・・・
こりゃいくらお天気の悪さが専売特許のイギリスでも酷すぎで、
みんながボヤくのも無理ないことです。

猛暑だけれど毎日気持ちよく晴れるのがいいか、
涼しくて過ごしやすいけれどどんより曇り空なのがいいか、
ううむ悩めるところです。




blogranking ←一日1ポチ、どうもありがとうデス*
スポンサーサイト
[日々]つぶやき
CM(0)     TB(0)

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

comments
comment posting














 

trackback URL
http://londonageha.blog45.fc2.com/tb.php/148-b40f2561
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。