スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
-    -

テーマ: - ジャンル:

 オトウサンのたっての希望で。

モンシロが生まれる少し前のはなし、
赤ちゃん用品を揃えていくっていう作業は一見楽しいようでいて、
実のところは結構面倒くさいもので。
育児雑誌やネットで何が必要かを調べてみるものの、
情報が多すぎたり違ってたりして本当のところが分からない。
子供のいる友人に尋ねてみると、みんな口を揃えて
「とりあえずオムツと服があれば後は何とでもなる」
なんていうガテン系な頼もしいお答え。
実際に店を見に行ってみると、品物の多さと店内の明るさに
めまいがするだけでもう余計に何が何だか分からなくなる始末…
それでもやっとのことで出産前に「必要だと思われるもの」を
揃えてみたのでしたとさ。

なかでも選ぶのにいちばん時間がかかったのがバギー。
日本では赤ちゃんの月齢によってA型やB型ってな具合で分かれている
ようだけれども、この国では0~3ヶ月くらいの首の据わっていない頃は
ベッドのように水平状態のままで移動ができるプラムと呼ばれるものを、
それ以降はバギーと呼ばれるいわゆるベビーカーを、というように
使い分けるのが一般的みたい。

「男性が押していても変じゃないもの」との相方のたっての願いで
色々見てみた中からオランダQUINNY社製のBUZZ(↓)に決まり。
写真じゃ分かりにくいけど、実物はバギーというよりロボットという感じ。
今にもジャキーンなんて金属音をたてて変身しそうに重厚デス;
でもさすがにオランダ、デザインと機能性にかけては天下一品。


quinny

    QUINNY BUZZ 2007



ただ、このBUZZは生後6ヶ月からのみ使用可能となるので
最初は別売りのプラムも買う予定だったのだけれども、
同じくオランダはMaxi-cosi社製CabrioFixという
0ヶ月から使用可能なカーシートが装着可能だということで、
倹約家の主婦としてはこれを選ばない手はない。
ポップな色合いに引かれてモンシロが女の子なのにもかかわらず
(↓)の空色に決めたのでした。

maxicosi
   Maxi-cosi CabrioFix

スポンサーサイト
[メモ]モンシロ系
CM(0)     TB(0)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

 血は水よりも濃く

220907

産前・産後の手伝いのため大阪からはるばる来てくれていた
母親を送りにヒースロー空港まで。
モンシロはチャイルドシートの中ですやすやと気持ち良さそうに夢見心地、
とうとう母親を送った後家にたどり着くまで一度も起きずじまい。
そのモンシロにとっての初めての遠出を心配した母親は終始落ち着きがなく、
カウンターで機内預け入れ荷物を預けた後に私達と別れを惜しむ暇なく
さっさと搭乗口に急ごうとするありさま…
それはさすがに寂しすぎるぜよカアチャンよ。

思い起こせば大阪を離れて以来一ヶ月という長い期間を
母親と一緒に過ごしたのははじめてで、
最初こそお互い遠慮が先立ってギクシャクした部分もあったものの
ちょっとしたところでピタッと息が合うというか、
何かをするときのタイミングが同じだったりして、
これはやっぱり血がなせるわざなのかい?なんて思ってみたり。

自分が母親になってみてまだ一ヶ月もたたないけれども、
一緒に生活をしていく過程で知らず知らずのうちに
モンシロとも同じようなリズムができてきて、
いつか今回母親に感じたようにモンシロとも同じようなことを感じる日が
来るのかもしれない。
そして、その時はまた今回のことを思い出すのかもしれない。

[日々]つぶやき
CM(0)     TB(0)

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

 小春日和

170907

ここ最近、冷夏だった夏がウソのように
とっても心地の良いお天気が続いているここロンドン。
モンシロ(赤ちゃん:仮名)が生まれて以来
我が家の洗濯機活動回数は最大も最大、
こんなにお天気がいいと洗濯物が一日で乾いてくれて大助かりデス。

[日々]つれづれ
CM(0)     TB(0)

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

 ウサギ三昧。

cozyndan

狙っているわけではないんだけれども、
うちの家にはウサギに関するものが結構あったりするのです。
ま、本物のウサギ(野生児)モイマスシネ。

中でもコレ(↑)は、ある日ソーホーにあるplayloungeという
おもちゃ屋で発見、一目ぼれして即買いとなったアートワークなのでした。
kozyさんという日本人女性とdanさんというカナダ人男性のユニット
kozyndanの作品で、このほかにもウサギをモチーフにしたものが何点かあって、
この作品のように広重なんかの絵画に絡めているものだけではなくて
どれもがどこかノスタルジックな雰囲気をかもし出しているのでした。


playlounge
add: 19 Beak Street, London W1F 9RP
tel: +44 (0)20 7287 7073
[メモ]アート
CM(0)     TB(0)

テーマ: - ジャンル:

 残念無念。

pavarotti

オペラのことなんててんで分からないわたしの心にも、
ほがらかで伸びのある彼のテノールは確実に響いていました。

ご冥福をお祈りします。
[メモ]映像・音楽
CM(0)     TB(0)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

 裁縫部

050907

ニンプ生活中に急に裁縫に目覚めたわたし。
その熱は日を追うごとにどんどん加熱して、
ついにはアマゾンでこんな本こんな本を手に入れる始末。
こうなったらついでにもうミシンもいっちゃえー、ってことで
勢いにまかせて購入と相成り。
なんとJANOMEです、蛇の目。
その昔お母さんが縫い物をしているのを見るのが好きだったのだけど、
そのゴトゴトという豪快な音を立てて動く足踏み式ミシンには
ジャノメと書いてあったのを思い出して懐かしい気持ちになったりして。

そのあと時を置かずに出産となったものだから
残念ながら未だにわたしは使う機会に恵まれず…
ジャノメはどうしているかといえば、
新しもの好きで工作好きの相方が知らない間にどこぞから布を仕入れてきて
赤ちゃんを入れて運ぶスリングの製作にせっせと精を出しているのでしたとさ。
[日々]裁縫部
CM(1)     TB(0)

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

 こんなんでました。

030907

2007年8月29日午後7時43分、
わたしの中で9ヶ月掛けて熟成した一個の人間が
この世の中に誕生した。
その瞬間は想像していたよりも壮絶で、キラキラ輝いていた。
わたしはこの日のことを一生忘れないだろうし、
忘れてはいけないんだと思う。
[日々]モンシロ(0~1歳)
CM(5)     TB(0)

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。